20代で資産運用は早すぎる? はじめての貯蓄・資産運用

20代で資産運用するのが良い理由とは

 

20代の資産運用率について

 

あなたは20代は資産運用率が低いと知っていましたか?

なんとなく予想はつく人が多いのではないでしょうか。

 

20代全体で見るとで資産運用している人は15%以下程度。性別で見ると男性が約15%で女性は約9%です。

内容としては「株式」か「投資信託」が多いです。

また20代前半の20~24歳は資産運用していない人が殆どです。

※参考サイト:日本証券業協会-2021年度(令和3年) 証券投資に関する全国調査(個人調査)

 

統計を見ると貯金かもしくは貯金すら行っていないというのが20代の状況です。

お金が無くて約40%の人が「出来ない」と回答していらっしゃいますが、最初は計画的に貯金する事を意識した方が良いです

 

 

はじめての貯蓄

 

毎月の収入と支出を可視化することで、数字を見るようになります。すると人は意識が変化します。

具体的な流れは以下の様になります。

 

貯蓄の手順
  1. 毎月入ってくる収入を完全に可視化。具体的に言うと会社に勤めているのであれば給与明細の数字を管理ツールまたはExcelなどの表計算ソフトに入力し可視化(グラフ化)するようにしましょう。

    人は単純に数字を見るよりもグラフなどの図形を見る方が瞬時に理解でき記憶に残りやすいです。

    ※可視化=パッとめてわかる(表やグラフなど)

     

  2. また固定費を見直して可視化(グラフ化)する。

    生きてくためには費用が掛かります。例えば「学生の頃に借りた奨学金の返済」や「携帯代」など。最低限ではなく、必要経費を細かく洗い出しましょう。そして手順1と同じく可視化してください。

     

  3. 使う銀行口座と貯める様の銀行口座を作りましょう。

    別の銀行口座を作る事によってお金への意識が変わります。

     

  4. そして毎月決めた金額を給料日に貯金に回しましょう。

    必ず明確なルール化(「使用する条件」「年単位の目標貯金額」など)をして厳守して下さい。ここが守れない方は資産運用まで辿り着くのは難しいです。人は生活水準を一度上げてしまうとよっぽどのことがない限り、下げれない生き物だからです。

 

上の手順に付け加えて毎月の出費なども記録と可視化ができるとなお良いです。

貯金は資産運用するためのあくまでも第一歩です。

 

しかし、「資産運用できるだけのお金はあるんだけど方法が分からない」という方が多くいらっしゃいます。

 

はじめての資産運用

 

資産運用したいけどやり方が分からない人が男性だと25%、女性だと22%います。

 

つまり4人に1人が資産運用をしたいけどやり方が分からない、どう取り組んだら良いのかが分からないという事です。

そういった人はどうすればいいかと言いますと。まずは正しい知識を付ける事です。

 

人に答えを聞いていては再現性がありません!!

参考に聞くのはよいと思いますが、肝心なのはその答えにたどり着くまでの道筋ですよね。

その道筋を見つけ出すには知識が必要です。

 

その際に重要なポイントが3つります。

 

重要なポイント
  1. 少ない資金でもまずは始めてみる。

    少額でも経験になるのでとても重要です。

  2. 長く続ける。

    毎月、一定額を長期間続ける事が大切です。資産運用は継続するのが鉄則です。

  3. 1つの物だけに多く資金を入れるのではなく分散し投資する。

    資産運用で一気にお金持ちになる為にする場合はリスクが上がりますか、将来の為、老後の為など長期的な先の生活の為に資産運用するのであれば、リターンも少ないかもしれませんがリスクも少ないです。

 

リターンが少ないとは言え、20代の早いうちから資産運用ができれば、リターンも期間に応じて多いはずです。

若い時から少額でコツコツと増やすのかそれとも歳を取ってから多額で一気に増やすか。堅実的なのはもちろん前者ですよね。

 

 

おすすめの記事